柏原赤十字病院

HOME > 当院の紹介 > 院長挨拶 > 院長挨拶

当院の紹介

当院の概要や診療科、各部門のご紹介をいたします。

院長挨拶

 私は4年前にこの丹波の地に県立柏原病院長として赴任してまいりました。
 以降県立柏原病院の診療機能を改善すること、次に柏原赤十字病院との統合ならびに新病院の建設をスムースに行うことを目標にしてまいりました。おかげさまで、県立柏原病院の診療機能は若手医師の増加に伴い格段に改善してまいりました。
 このたび、片山前院長の異動に伴い、本年4月から柏原赤十字病院の病院長も兼務することになりました。この時期に院長が交代するのは病院運営ならびに統合へのリスクを伴うとは思います。
 私はこれまで、ピンチをチャンスにすること、苦難を乗り越え前進することをモットーとしてまいりました。
 赤十字と県立の診療機能を低下することなく、赤十字精神に基づき丹波地域での使命・役割を継承し、もうひとつの目標であった平成31年に予定されている統合に向けて最大限の努力をするつもりです。
 私が当院の病院長を兼務することで、統合に向けた診療面での連携が加速できると思っています。急性期ならびに救急医療は県立が、回復期ならびに在宅と健康増進に関わる広範な医療は主に赤十字が担うとの役割分担を行っていきたいと思っています。
 新病院では今までにない地域を守るonly oneの地域病院のモデルをつくることを目指していきます。
 職員一丸となってこの目標に向かっていきますので、ご支援よろしくお願い致します。
                         2017年4月 院長 秋田穂束