柏原赤十字病院

HOME > ご利用案内 > 在宅医療のご案内 > 在宅医療のご案内

ご利用案内

外来・入院・人間ドックや各種受診のご案内をいたします。

在宅医療のご案内

在宅療養支援病院とは
24時間365日体制で訪問診療や訪問看護などを行い、患者さまの在宅療養をサポートする病院のことです。入院設備を持っている病院が行うので、必要に応じて入院していただくことも可能です。

<在宅療養支援病院に認定され可能になったこと>
 
■柏原赤十字病院の診療機能の拡大
  当院の訪問看護ステーションと連携し、24時間365日、かかりつけ医の無い患者さまも定期
  的に当院の医師が訪問看護や訪問診療を行うことが可能になりました。

<地域の医療機関との連携>
 当院と連携していただくことで、「在宅療養支援診療所」の届出を申請していただきやすく
  なります。
 「在宅療養支援診療所」の届出をしていただかなくても、在宅登録患者さまを登録していた
  だくだけで、24時間365日いつでも当院が訪問看護や往診をさせていただくことが可能で
  す。
在宅医療の流れ


かかりつけ医
●柏原赤十字病院を連携病院として在宅療養支援診療所の届出をしていただくことが可能で
 す。
「在宅診療情報提供書」を当院・地域連携室宛にFAXしていただきます。
●「在宅登録患者」は、月2回の訪問診療を実施する(在宅時医学総合管理料を算定する)
 患者さまであることが条件です。
●当該患者さまから緊急の連絡を受けた場合、対応できない場合に限って、入院の依頼等を
 当院に連絡することが可能です。
在宅登録患者さま
●緊急時には、まずかかりつけ医への連絡が必要です。
●かかりつけ医に連絡され、不在だった場合には当院に連絡していただきます。
 その際、必ず「在宅登録患者」(氏名、生年月日など)であることを告げていただきます。
在宅診療の対象となる患者さま
・寝たきりの方
・一人での通院が困難な方
・床ずれの手当てや、カテーテルの管理が必要な方
・認知症が強く、通院が困難な方
・末期ガンなどで、ご自宅での療養を希望される方
在宅診療の対象疾患
・神経難病(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、など)
・アルツハイマー型認知症などの認知症
・脳血管性疾患(脳出血後遺症や脳梗塞後遺症)
・悪性腫瘍末期
・運動器疾患(関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症、など)
・慢性呼吸不全
・慢性心不全 など