柏原赤十字病院

HOME > ご利用案内 > 健診のご案内 > 特定健康診査・ 特定保健指導について

ご利用案内

外来・入院・人間ドックや各種受診のご案内をいたします。

特定健康診査・ 特定保健指導について

メタボリックシンドロームとは?
内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまいます。しかも、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。
平成20年4月から40歳以上の被保険者、被扶養者に対して、メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための健診、保健指導が実施されています。
日頃の生活習慣に気をつけるとともに、年に1度は健診を受けましょう!
特定健康診査とは?
特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、以下の項目を実施します。
基本的な項目 ●質問票(服薬歴、喫煙歴等)
●身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
●血圧測定
●理学的検査(身体診察)
●検尿(尿糖、尿蛋白)
●血液検査
 ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
 ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
 ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
詳細な健診の項目 ※一定の基準以下、医師が必要と認めた場合に実施
●心電図
●眼底検査
●貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
 
特定保健指導とは?
特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートをします。
特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援と積極的支援があります。(よりリスクが高い方が積極的支援)
特定健康診査機関・特定保健指導機関データベース
平成20年4月からの特定健康診査・特定保健指導に対し、柏原赤十字病院は
「特定健康診査・特定保健指導機関」として登録しております。
運営や料金等の詳しい内容は下記のホームページ(国立保健医療科学院)をご覧ください。

<特定健康診査機関>   <特定保健指導機関>

注)自己負担金は各医療保険者によって異なりますので、お持ちの受診券でご確認ください。