柏原赤十字病院

HOME > 当院の紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 外来のご紹介

当院の紹介

当院の概要や診療科、各部門のご紹介をいたします。

外来のご紹介

外来看護係長 大地 美和
 外来では、患者さま、ご家族さまに満足していただける外来診療が提供できるよう、外来環境の整備や患者さまの安全・安楽を心がけています。
 特に、呼吸器疾患患者さまには、安心して在宅療養が続けられるよう、日々の状態を把握し、緊急受診のタイミングなどを伝えています。
糖尿病患者さまには、フットケア外来、透析予防外来などを受診していただき、合併症の予防に取り組んでいます。
さらに、院内だけでなく訪問診療や訪問看護と連携しながら、地域に密着した看護を提供しています。
 外来スタッフの中には、子育て中のママさん看護師も多様な勤務の中で自分の役割を発揮しいろいろなアイデアを出し合い、やりがい感を持って看護を行っています。
 また、メディカルクラークとも協働し、一人一人の患者さまに寄り添った看護を提供しています。
外来看護師 蘆田 恭卓
 田舎に住みたい、自分の故郷で地域づくりに貢献したいと思い、神戸からUターンしてきました。畑の付いた古い家を買い、妻と子供の家族5人で楽しく暮らしています。 
 移住後の仕事は決まっていませんでしたが、幸いにも赤十字病院に保健師の資格で採用していただき、地域連携室に所属したのち、現在外来看護業務に就いています。
  地域づくりにおいては、健康づくりに主体的に取り組む地域、最期まで自分らしく暮らすことのできる地域を目指し、様々な活動に関わっています。私は病院勤務を通して知ることのできる地域像を、地域づくり活動の中で発信しひろめることが役割だと思っています。
  都会の様に多くの症例をみることや、講習会等の学習の機会は沢山ありませんが、普段の暮らしの中で、患者さんとの距離を近くに感じたり、生活を手作りする楽しさや、自分のやりたいことが地域の中で実践しやすいという良さがここにはあると思っています。
外来看護師 山本 まり子

 当院内視鏡センターでは、現在、胃カメラ、大腸カメラ(ポリープ切除術を含む)を中心とし、気管支鏡、嚥下内視鏡検査、また、胃瘻造設術、胃瘻交換なども行っています。健診で胃カメラを受けていただく場合も、ご希望により鎮静して検査を行うこともできます。
 呼吸器疾患に関しては、専門医が2名おり、気管支鏡による診断や処置、抗癌剤による治療を行っております。また、摂食嚥下栄養外来では、嚥下機能の評価を行い「食べる支援」を多職種と共に積極的に取り組んでおります。
 患者さまが安全・安楽に内視鏡検査を受けて頂き、患者さまを中心としたチーム医療を提供できるよう、スタッフ一同、日々取り組んでおりますので、ご心配なことがあればお気軽にご相談下さい。