柏原赤十字病院

HOME > 当院の紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 看護部長挨拶

当院の紹介

当院の概要や診療科、各部門のご紹介をいたします。

看護部長挨拶

 柏原赤十字病院は、昭和10年創立、70余年の歴史をもち、丹波地域の皆さまに支えられ、親しまれ、今日を迎えている病院です。
 私たち看護部は、「人道」を基調とした赤十字精神に基づき、一人ひとりを尊重し、質の高い看護を提供できるよう努力しております。    

取り組みのご紹介
1.在宅療養支援病院として、患者・家族が安心して生活できるよう、切れ目のない医療を提供する。
 地域の皆さまが住み慣れた環境で安心して医療・介護が受けられ、その人らしく生活できるよう支援するために、院内ネットワークを活かしながら、外来・病棟・地域包括ケア病床・訪問看護ステーションなどの看護活動を展開し、さらに薬剤師・管理栄養士・リハビリテーションスタッフ(PT・OT・ST)・地域連携・MSW・ケアマネジャーなど多職種協働により患者さまの在宅等での療養生活を支援しています。

2.専門職として育み育まれる組織づくりに取り組む。
 私たち自身もそれぞれの仕事を大切にしています。
 そして、住み慣れた地域で働き続けられることに感謝しています。
 丹波市看護専門学校の看護学生や看護師確保のために支援して頂いている全国赤十字病院から派遣された応援看護師たちと看護の場を共有し、お互いが学び成長する関係が築けるよう努力しています。
 
 当院は、全国赤十字病院の中でも最も小規模な病院ですが、そのことを活かしたアットホームな病院・看護部です。一人ひとりの顔の見える関係で、職員全員が力をあわせて地域医療に取り組んできました。
 平成31年度県立柏原病院との統合が決定し、赤十字病院としては、あと数年となりましたが、赤十字が担ってきた機能を新病院へ引き継げるよう職員とともに努力していきたいと思っています。
 どうぞ最後まで、そして新病院に繋ぐまでご支援いただきますようよろしくお願いいたします。


                               看護部長 雛倉 恵美