柏原赤十字病院

HOME > 当院の紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 多職種協働活動

当院の紹介

当院の概要や診療科、各部門のご紹介をいたします。

多職種協働活動

糖尿病ケアチーム
糖尿病専門医・管理栄養士・看護師・薬剤師・検査技師・理学療法士がチームを組んで、糖尿病患者さんの治療や日常生活の支援に取り組んでいます。糖尿病教室企画運営やフットケア外来、教育入院などを実施しています。新しい知識を深める学習会や事例検討会など、質の向上も目指しています。受診者だけでなく、地域の糖尿病予防のよき支援者となれるよう取り組んでおります。
摂食嚥下チーム
口腔ケアに積極的に取り組み、摂食・嚥下障害に対して新しい評価法や訓練方法、摂食介助の技術を習得できるようSTと協働し、出来る限りその人がその人らしく栄養摂取できるよう努めています。
また、誤嚥性肺炎の予防のための食事形態の選択や、患者さまの食事時の姿勢など、患者さまやご家族さまの指導にも取り組んでいます。
褥瘡対策チーム
院内褥瘡ケアの向上を図るため、月に2回ラウンドを行っています。
また治療方針などを多職種と協働し、実践につなげ対策に努めています。
NST
いろいろな専門職がメンバーとなっています。入院患者さまの栄養状態を管理して1日でも早く改善し、栄養面からサポートできるよう関わっております。
人工呼吸器チーム
人工呼吸器、他機器管理や機器の勉強会、呼吸器に関する看護の学習会・救急看護などの企画・運営・啓蒙活動を月1回委員会を通じて実施しております。
呼吸器疾患患者の割合が増えてきたので、チームの活動が慢性疾患(COPD・喘息)患者へも拡大しつつあります。
在宅との連携
付帯事業所として、訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所を併設しています。現在、院内の地域連携室、MSW、退院調整看護師等と連携し、「地域医療センター」として、新たな相談連携機能を強化していこうと取り組んでいます。