柏原赤十字病院

HOME > 地域との絆 > 地域連携室 > 地域医療連携支援システムEIR

地域との絆

地域連携室のご案内や広報誌をご覧いただけます。

地域医療連携支援システムEIR

EIRってなに?

「EIR(エイル)」とは、在宅医療・居宅介護などの専門ネットワークとして、機密性を維持しながら多職種・多事業所にわたる従事者間で患者情報を安全に共有するためのアプリケーションです。


 当院では、ご自宅で療養される方を対象に、ご家族も含め、支援者間で連絡を取り合う方法として、インターネットの技術を活用したEIR(エイル)というシステムを導入しています。
 これは、医療や介護サービスの利用者とその家族が、安心して日々を暮らすことを支援する目的で導入しています。
EIRを使うと何ができるの?
【その①】いつどこにいても様子がわかる!
患者さまのご家族の方が遠く離れたところにいても、携帯電話やパソコンさえあれば、患者さまの日々の様子を確認することができます。病院側は、患者さまの体調が悪くなったとき、すぐに入院していただけるよう、いつでも受け入れ可能な体制を整えています。

<患者さまと周囲とのつながり>
【その②】リアルタイムな情報共有!
訪問看護師やケアマネジャーが患者さまのご自宅を訪問した際、気になったことをその場で記録すると、関係者はすぐにその内容を確認することができます。写真などを貼付することで病状の詳細も確認できるので、医師はすぐに指示をだすことができ、訪問看護師やケアマネジャーはその場で的確な処置をすることが可能です。

<医療者間のつながり>
※EIRの内容は誰でも見れるわけではありません。
 あらかじめ当院で登録した事業所に所属する人が、IDとパスワード(利用者本人のみが
 知っている)を入力した際に初めて見ることができます。
 当院はEIRを活用することによって、地域に住む人やそのご家族が“安心”して在宅医療が
受けられる環境づくりを進めています。

お問合せ
お問合せは下記までご連絡ください。

柏原赤十字病院 地域連携室
〒669-3309
兵庫県丹波市柏原町柏原259-1
TEL:0795-72-0557
FAX:0795-72-1057
E-mail:renkei@kaibara.jrc.or.jp